ドライブオン型リフトに計測ユニットをインテグレーション

リフトとアライナーの一体型としては画期的な価格設定を実現しました。リフトは2.0t対応ジャッキングビーム、サイドスリッププレート、ターニングラジアスゲージを標準装備。

赤外線カメラおよびレーザー画像処理技術を採用

車両のタイヤやホイールリムに触れることなく4輪ホイールアライメント(トー、キャンバー、キャスター)を正確に測定します。

クルマを載せたらすぐに測定開始

ホイールクランプやターゲット等の脱着、ランアウト補正は不要です。そのため、測定前後の付帯作業時間が大幅に短縮し、作業者の労力も軽減します。

ホイールを傷付けません

タッチレス測定なので、ホイールリムを傷付ける心配が一切ありません。

2018年11月 国内初導入 ありがとうございました


スーパーオートバックス サンシャイン神戸店 様

主要装備

■ドライブオン型リフト:4柱リフト(能力4.0t)/サイドスリッププレート/ジャッキングビーム1基(能力2.0t)/ターニングラジアスゲージ
■4輪アライメントテスタ:計測ユニット4基/PC/モニタ/キーボード/マウス/プリンタ(インクジェット)/専用ソフトウェア/専用キャビネット/ステアリングホルダー

製品各部の紹介

計測ユニット

ホイールにレーザーを直接照射し赤外線カメラで捉えます。クルマをリフトに載せたらクイック測定がすぐ行えます。ランアウト補正は必要ありません。

計測ユニット(詳細)

上部からレーザー(不可視)を照射し、下部の赤外線カメラでホイールの僅かな動きを正確に捉えます。グレーのボックスに「ターゲット」とCCDカメラを内蔵し、各計測ユニットの位置関係を把握しています。

計測ユニット(モニタリング画面)

赤外線カメラの映像をモニタリングし、ホイールに照射したレーザーの状態が確認できます。※通常は使用しません。

4柱リフト

計測ユニットはアライメント測定用に専用設計されました。4柱リフトへ一体的に取付けられます。

サイドスリッププレート(標準装備)

後輪のアライメント調整を行う際はロックピンを外します。

ジャッキングビーム/ターニングラジアスゲージ(標準装備)

能力2.0tのジャッキングビームを標準装備(1基)。ターニングラジアスゲージはクルマがスムーズに乗り込めるように全高を専用設計しています。


測定範囲

・トータルトー:±20°
・キャンバー:±10°
・キャスター:±20°
・スラスト角度:±5°
※キングピン傾斜角は今後のソフトウェアアップデートにより対応(開発中)


仕 様

【アライメント専用ドライブオン型リフト】
・能力(メインリフト):4.0t
・能力(ジャッキングビーム):2.0t
・ランウェイ(長さ):4555㎜
・ランウェイ(幅):500㎜
・ホイールベース:1800㎜〜3750㎜
・揚程(メインリフト):220〜1900㎜
・揚程(ジャッキングビーム):250㎜
・全長:5725㎜
・全幅:3445㎜
・全高:2174㎜
・降下速度:約40秒
・入力電圧:220V AC(10A)
・対応周波数:50〜60Hz
・モーター出力:2.2Kw
・消費電力:415V/50Hz/3Ph


資 料

 X-931 3D Touchless Wheel Aligner 製品資料PDF

 X-931 3D Touchless Wheel Aligner リフト設置要件PDF


動 画

X-931 3D Touchless Wheel Aligner(英語版)

商品の詳しい内容と価格についてのお問い合わせ先
055-995-1320

株式会社ローンチオートマーケティング
整備技術サポートセンター
月〜金 9:00〜18:00(除く12:00〜13:00)
メールでのお問い合わせはこちらから

ページのトップへ戻る